スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿島のメバル。

鹿島のメバルについて、今シーズンからメバル釣りをはじめられた方や、ナカナカ良型に出会えないといった方へ、参考までに記事立てしたいと思います。

あくまで僕の主観ですので、正解かどうかは微妙ですがどうかご容赦を。


鹿島でも、船着場や堤防のきわ、藻場やテトラ周辺と、馴染みの深いところにメバルは生息しています。

手っ取り早く釣るには、船着場周辺がいいでしょう。

特に横提脇の船着場や魚釣り園脇の漁港など、船の脇を引いてくると面白いようにバイトがあり、中型中心に釣れてきます。

最初は表層から、バイトがなければカウントを取り、レンジをコントロールしながら魚の居る層を探ります。

まずはジグヘッドリグに、1.5インチほどのワームを真っすぐ付けて探るといいでしょう。


小さい魚は上記ポイントで問題なく釣れますが、良型を求めていくとポイントは変わってきます。

良型は、外洋に面したテトラ周辺や根周りに着いていることが多いです。

また、外洋に面したポイントでは、回遊している個体も多く、回遊待ちで釣果が上がる時もあります。

ただ、外洋に面しているということで、波風が強まるとすぐに底まで荒れてしまい、極端に反応が悪くなります。

僕の場合は、俗に言う「煙突の煙真っすぐ」(住金の煙突から出る煙が真っすぐで穏やか)な時が、出撃の狼煙となります。(笑)


ライズしているような活性の高い状況では、ワームでもミノーでも特に苦労せず釣れることが多いですが、食い渋りショートバイトの時などはテクニカルな釣りになります。

ワームを短くしたりジグを軽くしたり、ミノーを投げてみたりワインドで探ってみたりと、面倒くさがらず今思いつくことを試していくと、数を伸ばせます。

先日も、フロートリグでレンジを50cm変えただけで、驚くほどバイトが多くなったり、ワームをファット系にした途端に良型が多くなったりしました。


すでにシーズンインしておりますが、年が明け寒くなってからは思うような釣果は上がっていません。

今シーズンも尺を取りたいものですな。

20160124.jpg
スポンサーサイト

女剣士。

会社の後輩に袴をいただきました。

サナエも嬉しかったようで、早速今夜の練習に穿いていきました。

凛としてていいですなぁ。





そうそう、この腰の「欣喜雀躍」ってどんな意味かなと調べてみると、小躍りして喜ぶことだそうな。厳かな剣道と合ってなくて、なんか笑える。

アカラシア軌跡。

アカラシアについて、病名が分かるまでの軌跡です。

~~始まりはカツ丼だったと 今、思い返します。

仕事上の資格(ビルクリーニング技能士)を取得する為の講習会の昼食。

思ったよりも量の多かったカツ丼大盛りを食べ、胸一杯になるほどの満腹感を感じながらの午後の講義中に、引き攣るような何とも言えない胸の痛みを感じ、講義終了後に冷たいお茶を飲むと治まりました。

食べすぎで食道が驚いたんだろうとタカをくくっていたのですが、ちょうどその頃のお家建て替えに伴うストレスにより、飲みすぎた翌朝が早番に重なる日や、お家の中での、同居すると必ず出る問題の間に入った時など、今思うと気分的に負担が大きい時に痛みが出てたように感じます。

その頃胸痛で調べ、HITしたのが逆流性食道炎。

1年ほどほっておきましたが、痛みが酷くなってきて夜中に痛みで起きだすようになり、耐え切れなくなってきたので、現在掛っている病院へ。

そこでの診断が、やはり逆流性食道炎でした。

薬を飲みながらも、減らない痛みの頻度に首を傾げながら耐えていると、ある日弁当の唐揚げが食道に詰まり、どうしても胃まで落ちていかず戻してしまいました。(汚い話でスミマセヌ)

そこから始まった詰まり痞え生活。

詰まる度に席を立ち、うろうろ歩く。ジャンプする。体を捻る等、詰まった物を通すのに必死でした。もちろん詰まってる間は涙目になるほど苦しい状況。

食べ物も、柔らかい物を中心に選ぶようになり、刺激物の少ない物、酸の弱い物等、体に合わせ制限する生活を三年。

人間の三大欲といいますが、一欲を制限しただけでもメンタルのバランスが崩れ、ナカナカやる気のでないダメ人間になっていきます。

そんな中、ふとWEBで出会ったサイトに、これかもしれない!と心躍ります。

アカラシアな日々


聞いたこともない病気に戸惑いながらも、症状が同じことに共感を覚え担当医に訴えますが、昨年の胃カメラの画像を見ながら「そんな感じはなかったなぁ」とのこと。

ガッカリしながらも、次回の胃カメラが気になる私。

本当は何て病気なんだろう、っと今回の胃カメラに決着を求めた結果、今回は体の方がアカラシアの症状を出してくれました。

これで本格的な本質的な治療が受けられる!と嬉しく思いました。

とはいえ、これが始まりでありもっと痛み等が待ち受けているかもしれないけど、それでも現状よりも良くなるという光に向け頑張っていきます。

同じような病気に悩む方々に、早く認識してもらえるよう一般的に知りうる病気になればと思う次第です。~~




っとこんな話のログがが2011年6月4日にありました。

あれから早4年半、今は医学も進歩していることでしょう。

もしかしたら、Heller筋層切開術、Dor噴門形成術ではなくて、POEM法が主流になっているかもしれませんね。

まぁ僕は、Heller筋層切開術、Dor噴門形成術でしたが、筋肉の復活によりゆくゆくは詰まりが復活すると言われています。

実際、術後数年で詰まりが少しづつ戻りつつあります。

次回、詰まり解消のオペを受ける時が来るならば、POEM法が保険利くようになってる事を望みます。

料理初め

今年の釣り運を占うであろう釣り初めに、一昨日行ってまいりました。

現場に着きますと、天気予報よりも分が悪い状態の東風。本人薄々気付いておりますが、「風神」の異名を授かることが頷ける状況。

海の状況はというと、やはり渋さが前面に出ておりテクニカルな釣りが必要とされました。

そんな中では、引き出しの少ない僕は口を使わせることが難しく、3バイト3ヒット1バラシの2匹で終了しました。

口を使っても、風が邪魔をして合わせがうまくいかず、ほぼ外掛り状態でした。難しいっスね。




ではでは、釣れた二匹を本日料理初め。

ムニエルトマト風バジルを添えて。

数釣れれば見栄えもいいのになぁと思ったり(笑)。

20160111

厄除け。

今日は厄除けに、関東厄除け三大師と言われる観福寺へ行ってまいりました。

今年は後厄。昨年、一昨年と大きな厄もなく過ごせましたことを御礼するとともに、今年一年も同じように穏やかに過ごせますよう、お願いしてまいりました。

実は長女のユカコも厄年。女の19だそうな。

って訳で、今回はユカコと一緒に祈祷していただきました。

数え年とはいえ、19歳という数字に大きくなったなぁと感慨深く感じています。

護摩焚きも終わり、住職の説法をありがたく拝聴しました。

今年一年も、健康で充実した年でありますように。

厄除2016

バレー初め

今年一発目の週末練習。

一人ひとりの抱負を聞き、充実した練習ができました。



午後からはマサヨシのクラブの初詣。香取神宮に参りました。

ここはいつも神々しくていいですなぁ。



今年も一年怪我なくバレーが出来ますように。

食材としての魚。

先日、スーパーで赤メバルを見つけました。

赤メバル


大きさは25cmほど。値段を見てにんまり。

僕が釣ってる黒メバルは、赤よりも値段が高いと一般的に言われています。

確かに、内房に行くとオドヤの鮮魚コーナーでもばんやの直売でも、活魚は23cmほどのメバルで1200円ぐらいで売られていました。

時期限定ですが、良いもの喰ってんだなぁと実感です。

明日、また出撃の予定ですので今度は何にして食べようか、久々にアクアパッツァかな。

始動。

今日は新年一発目の夜練習でした。

残念ながら僕は地区の行事が急遽入り、参加できませんでした。

ちょっと顔出しましたが、子供たちの今年の抱負を聞きたかったなぁ。

まぁ、土曜日に通常練習入るので、その時にでも。



「楽しくバレーを出来ればそれでいい」っという子がいます。

でも、楽しくバレーをするには強さ(上手さ)が必須なんですよね。

部活バレーは体育バレーではありません。個々の技術を以って、チームで繋いで落とさないほうが勝ちなんです。

本当の楽しさを、7月の総体までに一度は経験させてあげられるよう、個々の向上、チームを鍛錬していければと思います。

今年は本腰入れ頑張りますよ。

PicsArt_1385204443770.jpg

釣り収め

昨年の釣り収めは12月30日でした。

一年を通して、ルアーで釣れる酒の肴を追い求めて、様々な魚種に出会うことができました。

夏から秋までは、マゴチ、ヒラメ、シーバスを狙い、サーフで立ち込みフルキャスト。

通年通して釣れるメバルも、大型狙いは今が最盛期。今この瞬間を目一杯楽しんでいます。

20151230




さてさて、釣り初めも良いサイズが釣れますように・・・。

アカラシア

アカラシアという病気、ご存じでしょうか?
アカラシア - Wikipedia


僕は7年ほど前に発症し、2011年夏に腹腔鏡手術で摂食障害だけは取り除きました。
とにかく胸痛と摂食障害が激しく、3年で10キロ以上体重が落ちました。

10万人に1人と言われていますが、認知例が少ないので実際患っている人数はもっと多いと思います。
逆流性食道炎と誤診される事が多いのも特徴で、かくいう僕もずーっと逆流性食道炎の薬を処方され続けていました。
ご自身や知り合い、友人で飲み込みにくい症状がある方は、こちらの病気を疑っててもいいかもしれません。

見つけにくい病気なので、経験を生かし啓蒙していけたら幸いです

心機一転

この度、心機一転ブログを乗り換えました。

これまでの良かった部分は残しつつ、悪かった部分は改善していければと思います。

前ブログ「JoyFishing」をご愛顧いただいた皆様はもちろん、このブログ「レアスタイル」より読んでくださる皆様にも、興味を持っていただけるよう記事立てしていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。



って訳で2016年と相成りました。

我が家も穏やかな正月を迎えることができました。

今年は後厄。怪我、病気なく一年過ごせますよう願うばかりです。

2016正月
プロフィール
10万人に1人ともいわれる【 アカラシア 】という珍しい病気にかかっています。発症から3年ほど摂食障害を患い、2011年にアカラシアと判明。病名が分かるまでに10キロほど痩せましたが、Heller筋層切開術、Dor噴門形成術を施術し、体重は発病前まで回復しました。

たかしっ

Author:たかしっ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。